元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

筑豊周遊

ゴールデンウィークの初日、4月29日に筑豊へ出かけました。まずは田川市の池のおく園で開催された「ちくほう園遊会」へ。私達夫婦のチケットは茶券(和菓子付き)と美術館入園券がセットになって1200円でした。ちなみに一番高いチケットは他にレストランでの食事、着物ファッションショー観覧券などがついて10000円です。夫は「園遊会なんて言って人が来るかねえ」と心配していましたが、盛況でした。近隣の茶道、華道教室に広く声をかけたそうで、着物姿のご婦人が多く華やか。晴れててよかった。庭の牡丹も満開で、野外でお茶とお菓子をいただくのは良いものでした。

 

美術館は、私でも知っていてる画家、好きな画家の絵が多数展示されていて、うれしい誤算(失礼)。思い出すままに名前を挙げると、荻須高徳、片岡球子香月泰男鏑木清方小磯良平三岸節子などなど。熊谷守一の猫の絵が可愛かったです。他にも横山大観の対になった掛軸、ガレやドーム兄弟のガラス作品、端渓の硯類、加藤唐九郎の焼き物とジャンルが多岐に渡っていましたが、ごちゃごちゃした感はありませんでした。学芸員がいるとのことで季節に合わせて展示替えをしているそうです。

 

www.ikeno-okuen.com

 

美術館を出たあとは旧猪位金小学校へ。ここは廃校になった小学校校舎を活用して音楽活動などの拠点にしているところです。中を見学すると音楽スタジオや宿泊設備などができていましたが、まだまだこれから整備していくところだなあと感じました。活動が軌道に乗ることを祈っています。

 

palette.jp.net

 

そろそろお腹が空いてきたところで嘉麻市の名物山田饅頭を買いに。夫曰く、早く行かないと売り切れるほどの人気商品らしいです。店に入ると「山田饅頭を予約していた者ですが」と言うお客さんが何組もいました。買って速攻で車の中で食べると、まだ温かかったです。出来立てだったのかな。めちゃくちゃ美味!

 

なかなか食事をする店が決まらず、次に寄ったのはトモスという製菓工場。お買い得のシュークリームや焼き菓子を買い込みました。

 

そしてようやく昼食。嘉麻市味よしという定食屋です。

f:id:grisella:20170512183511j:image

夫は、こういう定食屋を偏愛していて出先で見つけると必ずと言っていいほど入ります。私たち夫婦は不味いのもまた楽しいという考えです。が、やっぱり美味しいほうがうれしい。私はちゃんぽんを頼みましたが、書いてある通りに野菜たっぷりで大満足。夫はコロッケ定食を食べてました。

  

 最後に寄ったのは飯塚の「蛭子味噌

f:id:grisella:20170512183522j:image

 

写真が下手すぎて分かりづらいですが、おしゃれなお店でした。いろんな種類の味噌があって、どれにするか悩んでしまう。味噌デップも人気商品だそうです。

 

 

筑豊は広いです。面白いところや美味しいものが多いけれど、点在しているのでまわるのが大変。この日も飯塚の食品セレクトショップわた惣」やリニューアルした石炭記念館にも行きたかったけど、時間がなくて行けませんでした。(飯塚には伊藤伝右衛門邸もあります。) 季節が変われば、池のおく園の庭も別の花で彩られるでしょうし美術館の展示も入れ替わるので、またいつか行きたいと思います。