読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

なにもできないまま二ヶ月が過ぎた

休職してから二ヶ月。何もできないまま過ぎてしまったと落ち込んでいたら、夫が「調子が悪くて休んでいるんだから何もできないのが当たり前だし、ゆっくり休めばいいんだよ」と慰めてくれました。「ほんとは家事もしないほうがいいんだけどね。いろいろさせてごめん」とも言われました。この人、いつからこんなに優しくなったのかな、と少し驚いてしまって、夫に申し訳ない気持ちになりました。

 

ゴールデンウィークは、娘は文化祭の準備で毎日学校に行きました。私たち夫婦もどこへも出かけず家で過ごしました。庭木の枝を落としたり、土に埋もれていた雨水桝周辺を整備したり。一人で奮闘していたら、昔は庭仕事なんて一切しなかった夫も出てきてかなり活躍しました。ドーナツを揚げたりスコーンもどきを作ったりもして、ほんの少し家事プラスアルファができたし、これが今のせいいっぱいなのかな。

 

今朝、庭に出てみたら、ヤマボウシの花がちらほら咲いていました。植えて15年になるのに、ほとんど花が咲いたことがなかったのでうれしいです。昨年かなり切り戻したので弱るのではと心配しましたが、かえって良かったのかもしれません。なんでも何が幸いするのか分かりませんね。

 

屋根屋

屋根屋

 

 

寝る部屋の片隅に何冊か本を積んでいます。そのうちにと思いながら放置している本達。その中の一冊『異界飛行』(村田喜代子)をこの連休中にようやく読みました。最初の数ページを読んで、自分が勘違いをして本を買ったことに気付きました。主婦が夢の世界を旅する話と思って買ったらエッセイ集でした。それはそれでおもしろかったのですが。私が思っていたのは『屋根屋』という本でした。今度図書館に行ったら借りてきます。

 

《今週の絵本》

今週は、絵本読みサークルの勧誘を兼ねて保護者もいる場所で読んできます。ちょっと緊張する。

 

写真絵本です。本当に顔にしか見えません。親子であれこれ話しながら見るときっと楽しいと思います。

 

だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)

だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)

 

 

少し前(少しじゃないかな?)にP&Gの石鹸のコマーシャルで、この人の絵が使われていました。男の子が汚すぎて賛否両論だったような。絵本の内容ですが、小さな男の子を持つサークルメンバーが「あるあるですよ〜。ほんと毎日こんな感じ!」と言ってました。

 

へんしんトンネル (新しいえほん)

へんしんトンネル (新しいえほん)

 

 

子供達にいつも大受けの絵本。読むのにちょっとコツがいります。カッパカッパ……パッカパッカ…という具合に自然につなげていって、カッパが馬になったりロボ(ット)がボロボロになったりするんですが、なかなか上手に読めません。

 

とん ことり (こどものとも傑作集)

とん ことり (こどものとも傑作集)

 

 

『だめよデイビッド』がやんちゃな男の子の可愛らしさ全開なら、こっちは内気な女の子の可愛さ全開です。