読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

「バーコードがついていないような古い本は買い取れません」

って近所の「ほんだらけ」で言われた。ちょっとびっくり。そうなんだ〜。本を売りに行くのは久しぶりだったんで、今はそんなふうになっているって知らなかった。店によって違うんだろうけど。20冊程度持って行って、1冊だけ5円で売れて、残りは「処分してください」と置いてきた。未練がある本だったら持って帰ったかもしれない。

 

 店内をぐるっと回ったけど特別欲しい本は見当たらなかった。昔はいっぺんに最低数冊、時には数十冊買って両手にビニール袋下げて帰ってたのに。5円もらっただけで帰るのもなんだし「海街diary3」を300円で買った。間違って先に4巻を買ってしまったから、次は5巻だな、もう出てるのかなとか思いながら車の中で読んでしまった。

 

 帰りにアパートに寄って、ちょっとだけ本の整理。『のぼるはがんばる』(東君平)が出てきた。内容が好きだから(汚れてるよな〜。でも新刊は売ってないし)と悩みつつ古本屋で買った本。元の持ち主だった子の名前や住所が書いてあって(この子は今、いくつくらいなんだろう)なんて考える。帰宅後、たしか復刊していたはず…とネットで検索して新刊本を購入。古いほうの本はかわいそうだけど捨てます。ごめんね。