読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

火曜日には結果が分かるそうです

採用試験を受けに行ってきました。職種は子供向け英語講師です。悩んでいた服装は地味なチェック柄フレアースカート、薄手の白いニット、ジャージ素材の紺のノーカラージャケットに黒いコートで行きました。10時半開始で14時終了。会社説明と仕事内容の説明を受けたあとは、筆記試験(一般教養、英語、作文など)と面接、模擬レッスン。一般教養と作文はまあまあだと思うけど、肝心の英語がいまひとつ。英作文や英文法の問題に自信がないです。とりあえず書いたけど。難しいものではなくて中学校〜高校初級レベルの問題なのに。姪っ子に英語教えるどころの話じゃないよ、これ。面接は、自分の短所と長所のうち短所について語り過ぎたような気がしないでもない。それほど悪い感触ではなかったです。でも面接官がとても感じのよい方だったので逆に(だめだね、この人は)と思ってもにこやかに対応してくださったのでは…とか暗い想像をしてしまう。根っからネガティブな性格なので。そして最後の模擬レッスン……(もしかしてあるかも)と予期していたのに例によって何の準備もしてなくて、まったくできず。模擬レッスンというより「こんな形でやります」という説明に終わってしまいました。だめかも。

 

試験終了後、ついでに運転免許の更新もしてきたので、家に帰ったらどっと疲れました。とにかく自分の文法の分かってなさに凹む。息子から高一の頃に使ってもう使わないという参考書「スプリーム英語構文109」(数研出版)をもらったので、これで勉強します。姪っ子の前で恥かきたくない。ぱらぱらめくってみたけど、本文読むと「これくらいなら分かってる」って思うんだよなあ。練習問題がついているのできっちり解いてみます。とりあえず自分がどの程度の実力があるのか確認しなくちゃ。

 

合格か不合格か見当がつかない試験って、結果が出るまで落ち着かない。連休あけまでどきどきです。