元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

10月第5週〜11月第1週

1 運動 仕事して家事したら体力限界……とか言い続けてだらだらしてます。しかし、検診の結果、悪玉コレステロールが180だし腹囲もひどいことになってました。さすがに何かしたほうがいいよね。水泳は一度行っただけで終わってます。再開するかなあ。あと間食…

最近出かけたところ

*小石原民陶祭* 復興支援で人出が多いかなと思いましたが、雨模様だったこともありそれほどでもありませんでした。 皿山地区の様子。茅葺の建物や登り窯など、景観が美しい。 ぐい呑2つ、小鉢4つを購入しました。1つ700円前後。お昼は添田町の道の駅…

トロイメライ

今日、二軒目の仕事は、元ピアノ教師だったという高齢女性のお宅での掃除でした。耳が遠く脚も弱っているので、玄関で呼び鈴を押すのではなく勝手口から出入りするように言われています。入り口で挨拶をして中に入ると、ピアノの音がしました。トロイメライ…

一難去ってまた一難(まさかの三留??)

春先からずっと心身共に調子が悪く「疲れ果てた。もう何もかも終わりにしたい」という気分にとりつかれてました。こういう時は「とりあえず大きな決断を先送りにしてしのぐ」しかないので「6月まではなんとしても生き抜く」ことを目標に暮らしてきました。…

筑豊のレトロなお菓子〜ダイヤの山羊羹など

夫が、田川の菓子店「ボヌール」で羊羹と焼き菓子を買ってきました。お菓子のパッケージも手提げ袋のデザインもレトロ。羊羹のパッケージには「の山」が小さく書かれているので大丈夫ですが、「ダイヤの山羊羹」と書かれると「やぎかん」って読んでしまうの…

娘に会いに来ています

一昨日の晩、仕事帰りに夜行バスに乗ってやって来ました。夜10時過ぎに福岡を出て、朝8時前に着きました。夜行バスや夜行列車に乗るのは四半世紀ぶりです。若い頃は平気で熟睡してたのに、今回は全く眠れませんでした。 アパートに着くと娘は朝食中でした。…

立派な蛾(虫画像注意)

朝、庭の水撒きをしてたら、蛾の死骸が落ちていた。 全長6センチくらい。(なんていう蛾なのかなあ)と思って、中学校の科学部仲間だった友人Kに 「庭で水撒きしていたら立派な蛾がお亡くなりになっていました」 と写真を添付してメールしたら速攻で返事が…

「"障害者" という言葉は単なる行政用語だ」と言った父のこととか色々つれづれに。

いまから30年も前のこと。夕食後、父母と台所で雑談をしていたら、たまたま障害者や障害の話になった。父が「 ”障害者” や ”健常者” って言葉は単なる行政用語。なんらかの措置をする際に対象を明確化するためのレッテルにすぎない」という趣旨のことを言…

前川事務次官→『ノルウェイの森』→自分の思い出

「出会い系バーで貧困調査」なんて言うから(謝ったら死ぬ病のおじさんなのか??)と思った前川事務次官、もしかしたら本当に貧困調査なのかもってニュースが出てきて、(ゲスの勘ぐりですまんかった)と思いました。ただ、「ボランティア活動に精をだす清廉…

「はちみつレモンシロップ」と「甘酒の牛乳割り」

体調を整え元気を出すには運動、食事、睡眠が大事だと思い、早寝早起きをしています。食事は三食しっかり作って食べてます。運動はまだちょっと無理そう。滋養がつくかもと思って甘酒を買ってみたら死ぬほど甘く、試しに牛乳で割ったらちょうど良い加減にな…

本を買う楽しみ

この頃、ちょくちょく古本屋に行っては本を買っています。本棚を眺めてどれを買うか考えたり、家でぱらぱらページをめくるのが楽しい。この感覚は久しぶりで、良いことのように思います。度を越すと困るけど。 <今週買った本> 『きもの着ます。』(原由実…

ラノベを古本屋に売ったことや村上春樹と片岡義男のことなど

古書店の前に貼ってある「高価買取」一覧を眺めてたら、娘がもう要らないと置いていったラノベのタイトルがありました。「高価」って言っても一冊150円ですが。というわけで、その本を含め20冊程度持っていったら900円になりました。来月の仕送り分…

自意識過剰で手放せなかった本

以前の私は大量に本を買っていたので、読んだら売るを基本にしていました。しかし、古本屋に持っていくのが恥ずかしくて手元に置いたままになった本もあります。この本です。 「少年を鍛えて世に送り出す。女の醍醐味。年上の女の。」という文がネック。(え…

古本を売ったり買ったり譲ったり

アパートを引き払う際に、本をまとめて売りました。たぶん200冊程度。バーコードがついていない古い本が多いのでブックオフなどでは引き取ってもらえないだろうと思い、ネットで見つけた古本屋にメールで打診して家まで取りに来てもらいました。評価額は…

筑豊周遊

ゴールデンウィークの初日、4月29日に筑豊へ出かけました。まずは田川市の池のおく園で開催された「ちくほう園遊会」へ。私達夫婦のチケットは茶券(和菓子付き)と美術館入園券がセットになって1200円でした。ちなみに一番高いチケットは他にレストランでの食…

近況

大学に入った娘は5月4日に夜行バスで帰省し、6日夜に帰って行きました。わりと自炊しているようで「自分で買ってみたら食材が高くてびっくりした」と言っていました。サークルにも入り一人暮らしの大学生活を楽しんでいる様子。「授業で分からないところ…

思ったより働いてた

改めて確認したら2月は実働100時間程度。これだけ見ると週5日勤務として1日5時間だから、たいしたことないけど、ヘルパーの移動時間、塾講師の授業準備時間をいれたら控えめにみても1日あたりプラス1時間。これに通勤時間が往復2時間弱。アパートと…

桜が咲く季節

先月中旬のこと。職場のミーティングに出席していたら、どんどん頭が痛くなってしまいました。あんまりにも気分がすぐれないので終了後の雑談の途中で「ちょっと車で休んでます」と退席しました。車内が寒かったのも悪かったのか、結局頭痛と吐き気で動けな…

近況

ここのところずっと調子が悪いです。プールには一度行ったきり。英語の勉強も再開できていません。日々の家事と仕事で手一杯。それだけで疲れ切ってしまって、時々ふいに涙がこぼれてしまいます。多分、少し鬱気味なんだと思います。季節が悪い。年度末で煩…

保育士資格とれました

昨日、実技試験結果が届きました。音楽33点、言語38点。いばって人に言える点数ではありませんが、合格できて肩の荷がおりました。今後、この資格をどう生かしていくか考えなくては。とりあえず、今勤めている塾の幼児クラスを担当できたらいいなと思っ…

今日から仕事

今週のお題「2017年にやりたいこと」 とにかく体調を整え元気で過ごしたいです。昨年1年は、追突事故後遺症の腕のしびれがとれないし、仕事のトラブルからきた自律神経失調症のせいで元気がでず、気管支炎やら風邪やらで寝込むことも多かったです。ちょっと…

「サンタさんはほんとにいるんだよ」なんて演出には中産階級の厭らしさを感じる、と夫は言った

というわけで、我が家にサンタさんが来たことはありません。子供には「お父さんとサンタさんが仲が悪いからうちには来ない」と言って、サンタの代わりに親がプレゼントを買って渡してました。子供が小さい頃は(なんか夢がなくてかわいそうかな)と思ってい…

体調が悪いせいか いろいろイライラする

とにかく今日はゆっくり休もうと思って、雑誌読んでました。 & Premium (アンド プレミアム) 2017年 1月号 [ 贈り物と、絵本。] 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2016/11/19 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 写真が綺麗なんで疲…

また一つ年を取りました

なかなか風邪が治りません。熱はないけど、ずっと鼻詰まりだし咳が止まらないので地味にきついです。昨日は自分の誕生日だったので、もう手を抜いてピザでも取っちゃおうかと思ったけど、がっつり食べて早く治そうと思い直して病院帰りに買い物をし、ステー…

近況

一昨日から風邪気味でだるいので、朝からスマホでネット見てだらだらしてたら、余計だるくなってきた。なので久しぶりに近況を書きとめておく。 保育士実技試験はこの間の日曜日に終了。全然できなかったという気はしないけど手応えもなし。結果発表は来年一…

祖母の三十三回忌

先週火曜日、祖母の三十三回忌に出るために実家に行きました。父の姉二人も家族と共に来てくれました。伯父は数年前に癌の末期だと言われていたのに回復して、少し足腰が衰えていましたが元気でした。認知症気味の伯母もこの日はしっかりしていました。伯父…

保育士試験(筆記)に合格しました。多分。

一教科だけ取り残していた「子どもの食と栄養」ですが、ようやく取れました。23日が試験日で、試験終了後30分でもう速報がでていました。遅めの昼食を食べながら採点したら20問中18問正解でした。(その後、他のサイトも見たところ19問正解みたい…

7月第5週〜8月第2週

1 運動 運動はあいかわらずできていませんが、ポケモンGOのおかげで少し歩いています。アパートは、室内から複数のポケストップにアクセスできる上に、しょっちゅう花びらが散ってポケモン取り放題でした。自宅に帰ってきてからはペースが落ちていますが、…

施餓鬼供養というものに行ってきました

例年、夏は大の苦手でバテ気味なのですが、今年はけっこう元気です。娘が夏休みに入ったのでウィークデーも自宅で過ごしています。毎日、朝夕は庭に水撒きするのが日課です。朝顔が葉ばかり大きくなって全然花が咲かないので(なんで?)と思って調べたらど…

思い出の10冊(小学校低・中学年期)

幼年期編の続き。 小さい頃からぼんやりしていた私は、小学校の集団生活に馴染めませんでした。低学年の頃に「緘黙児」と言われ「言葉の学校」を勧められたそうです。大人になって母から聞きました。この頃の愛読書はファンタジー系のものが多いです。本の世…