読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

ラノベを古本屋に売ったことや村上春樹と片岡義男のことなど

古書店の前に貼ってある「高価買取」一覧を眺めてたら、娘がもう要らないと置いていったラノベのタイトルがありました。「高価」って言っても一冊150円ですが。というわけで、その本を含め20冊程度持っていったら900円になりました。来月の仕送り分に上乗せして送金するかな(笑)amazonで見てみたら1円〜になってたのに、おもしろいなあと思いました。

 

本に限らないけど、どこで売ってるかで全然値段が違うことは多いです。意外なものが高値だったり、逆にすごく安かったり。それはおもしろいけどめんどくさい。私は本や雑貨などの非生活必需品に関しては割とまめに調べたりお店をうろうろしたりするのに、日常の中で「お得」や「節約」を心がけるのが苦手です。あっちのスーパーのほうが安いとか、ガソリンは何曜日がお得とか、ポイント何倍デーは何日とか考えるのがめんどくさい。今までは「特に贅沢してないしいいや」ですませていたけど、今年から娘も大学に行きだして、さすがに無頓着ではいられなくなってきました。とりあえず楽しいことから始めようってことで「マイルを貯めて東京へ行こう」を目標にしてクレジットカードを整理してます。ここ数年(いやもっとかな)年間集計まで行き着いていない家計簿もきっちりつけようと思います。

 

さて、一昨日ブログで書いた片岡義男の『東京青年』ですが、売れたので荷造りして発送しました。その際、記念? に撮った裏表紙がこちら。帯に書かれた文章がまた私の自意識を刺激します。いや〜売れてよかった。やっぱ実店舗で売るのは無理だよ。

 

f:id:grisella:20170520082343j:plain

この文章を読んで、この小説の舞台は村上春樹の『ノルウェイの森』より10年ほど前なんだと気づきました。

 

村上春樹の短編は好きです。『蛍・納屋を焼く・その他の短編』を読んだときは(日本のフィッツジェラルドだ。こういうのが読みたかったんだ!)と思いました。その後『ノルウェイの森』を読んでがっかりしてしまって、何作かは長編も読んだけど好きにはなれず、そのうち本屋で最初の数十ページを読んで、そのあとは後ろのほう数十ページをぱらぱらめくってセックスシーンを探し(はい、確認。終了)というのが習慣になりました。この頃は、その確認作業すらやってません。

 

私の中では片岡義男村上春樹はおなじカテゴリーに入っていて(このこと自体が今や間違いなんでしょう)、日本語の美しさや情景描写に関しては片岡義男のほうが断然上です。世間的に片岡義男が「昔は一世を風靡した通俗小説家」で、村上春樹は「ノーベル賞を狙える純文学者」というのが納得できません。まあ、純文学と通俗小説の境とかどうでもいいことなんだけど。片岡義男は早く世に出過ぎてしまったのかなあと思うし、村上春樹はセルフブランディングが上手いのかなあと思う。実は村上春樹は人が悪くて「純文学者」を演じて見せてるんだ、という妄想すら抱いてしまいます。

 

ちなみに『ノルウェイの森』は親戚の家に泊まったとき、そのお宅にあったのを読みました。夫君の蔵書でしたが亭主関白な人だったので意外でした。ベストセラーだからたまたまかなと思ったら、わたせせいぞうの大ファンだと聞いてなんか納得したことを思い出しました。

 

 村上春樹の作品(短編を除く)は好きになれないのに、本の装丁は好きなものが多いです。こんな本もでているんだなあ。

 

ノー・シューズ

ノー・シューズ

 

 佐々木マキのエッセイ集。ヴィレッジバンガードで買いました。ヴィレッジバンガードは店舗によって全然品揃えが違うのが面白いです。家の近くの店は雑貨が多め。借りていたアパートの近くの店は本が多め。それも画集とか硬めの本とか多数。客層が全然違うんだろうなあ。この本の中で佐々木マキは、村上春樹と出会った時の印象を「きわめて賢い抑制を伴ったわがまま、とでも言うべきものを感じた」と書いています。

 

 

 

 

 

自意識過剰で手放せなかった本

以前の私は大量に本を買っていたので、読んだら売るを基本にしていました。しかし、古本屋に持っていくのが恥ずかしくて手元に置いたままになった本もあります。この本です。

f:id:grisella:20170518092800j:plain

 

「少年を鍛えて世に送り出す。女の醍醐味。年上の女の。」という文がネック。(え? このおばさん、そんなこと考えてんの?)とか思われるんじゃないかと。単なる自意識過剰なんですが。帯をはずすとこんな感じ。

 

f:id:grisella:20170518093015j:plain

 

かっこいいです。(あ。そうか、帯をはずして中に挟んでから売ればよかったんだ)と今思いました。

 

片岡義男はバブルの頃に一世を風靡した反面、本をあまり読まない人からも馬鹿にされてるとこがありました。かっこつけてるよね〜みたいな。でも、私は好きです。文章が綺麗だと思います。そして、この本は、戦争から立ち直りつつある日本の雰囲気が(ファンタジーであるにしても)とても良いです。主人公の親世代の登場人物が主人公を指して「きみたちは、贅沢な時代の人間だ」というシーンが印象的でした。

 

パラレル (文春文庫)

パラレル (文春文庫)

 

 

読み終えてテーブルに置いてたら夫が読んでました。感想を聞いたら「かっこつけすぎ。片岡義男みたい」と言われました。最初は(いや、全然違うやろ)と思ったけど、なんとなくわかる気もする。

 

追伸

『東京青年』は青空文庫で読めるようです。

 

 

 

古本を売ったり買ったり譲ったり

アパートを引き払う際に、本をまとめて売りました。たぶん200冊程度。バーコードがついていない古い本が多いのでブックオフなどでは引き取ってもらえないだろうと思い、ネットで見つけた古本屋にメールで打診して家まで取りに来てもらいました。評価額は4000円に足りないくらいでしたが「もうちょっとなんとかなりませんか」って聞いたら4500円で引き取ってくれました。いつもは金額の交渉なんてしないんだけど、なんかあまりに安くて本がかわいそうになってつい。まあ冷静に考えれば妥当な値段だと思うんですが。「要らない本は置いていってください」と言ったら、数冊のカラーブックスと音楽館シリーズが残ってました。

 

f:id:grisella:20070510155845j:plain

 

絵本、解説書、レコードがセットになったものです。今から50年近く前のもの。当時、これが買えた家庭って、かなり裕福だろうなあと思います。カラーブックスもこの音楽館シリーズも10年ほど前は結構な金額で売られてました。欲しい人には行き渡ったんでしょうね。それにこの巻も、もう一つ残っていた「くるみわりにんぎょう/串田孫一、堀文子」もシリーズの中では地味なほうだし。

 

今月に入って自宅も整理し、きれいで新しめの本は某施設に持って行きました。まだ開館して間も無く、ライブラリーに並べる本が足りないそうなので。美術館の図録や雑誌のバックナンバー、小説などなど(こんな本で大丈夫かな)と思ったけど、喜んでもらえてほっとしました。

 

娘が置いていった今時の高校生が読むラノベその他の文庫本は、とりあえずヤフオクに出してみたけど買い手がつかないみたい。夫を送っていっているJR駅に本棚があって、不要本を置けるらしいので、明日にでも持って行ってみようと思います。

 

仕事と仕事の間に、少しだけ時間が空いたので、近くの「ほんだらけ」に行ってみました。「たくさんのふしぎ傑作集」がずらっと並んでいて懐かしかったので、数冊買ってみました。「たくさんのふしぎ」シリーズは、息子が小さい頃に随分読みました。大人が読んでも楽しいです。

 

grisella.hatenablog.com

 

ちなみに今回買ったのは

 

御殿場線ものがたり(宮脇俊三文、黒岩保美絵)

ハチヤさんの旅(沢木耕太郎文、内藤利朗写真)

はてなし世界の入り口(森毅・木幡寛文、タイガー立石絵)

ぐにゃぐにゃ世界の冒険(瀬山士郎文、タイガー立石絵)

 

以上4冊です。もしかしたら近日中にまた寄って他にも買ってしまうかも。タイガー立石の本2冊は、ソフトカバーを持っていますが、つい買ってしまいました。塾の小学生達に見せようかなあと思ってます。

 

 

 

筑豊周遊

ゴールデンウィークの初日、4月29日に筑豊へ出かけました。まずは田川市の池のおく園で開催された「ちくほう園遊会」へ。私達夫婦のチケットは茶券(和菓子付き)と美術館入園券がセットになって1200円でした。ちなみに一番高いチケットは他にレストランでの食事、着物ファッションショー観覧券などがついて10000円です。夫は「園遊会なんて言って人が来るかねえ」と心配していましたが、盛況でした。近隣の茶道、華道教室に広く声をかけたそうで、着物姿のご婦人が多く華やか。晴れててよかった。庭の牡丹も満開で、野外でお茶とお菓子をいただくのは良いものでした。

 

美術館は、私でも知っていてる画家、好きな画家の絵が多数展示されていて、うれしい誤算(失礼)。思い出すままに名前を挙げると、荻須高徳、片岡球子香月泰男鏑木清方小磯良平三岸節子などなど。熊谷守一の猫の絵が可愛かったです。他にも横山大観の対になった掛軸、ガレやドーム兄弟のガラス作品、端渓の硯類、加藤唐九郎の焼き物とジャンルが多岐に渡っていましたが、ごちゃごちゃした感はありませんでした。学芸員がいるとのことで季節に合わせて展示替えをしているそうです。

 

www.ikeno-okuen.com

 

美術館を出たあとは旧猪位金小学校へ。ここは廃校になった小学校校舎を活用して音楽活動などの拠点にしているところです。中を見学すると音楽スタジオや宿泊設備などができていましたが、まだまだこれから整備していくところだなあと感じました。活動が軌道に乗ることを祈っています。

 

palette.jp.net

 

そろそろお腹が空いてきたところで嘉麻市の名物山田饅頭を買いに。夫曰く、早く行かないと売り切れるほどの人気商品らしいです。店に入ると「山田饅頭を予約していた者ですが」と言うお客さんが何組もいました。買って速攻で車の中で食べると、まだ温かかったです。出来立てだったのかな。めちゃくちゃ美味!

 

なかなか食事をする店が決まらず、次に寄ったのはトモスという製菓工場。お買い得のシュークリームや焼き菓子を買い込みました。

 

そしてようやく昼食。嘉麻市味よしという定食屋です。

f:id:grisella:20170512183511j:image

夫は、こういう定食屋を偏愛していて出先で見つけると必ずと言っていいほど入ります。私たち夫婦は不味いのもまた楽しいという考えです。が、やっぱり美味しいほうがうれしい。私はちゃんぽんを頼みましたが、書いてある通りに野菜たっぷりで大満足。夫はコロッケ定食を食べてました。

  

 最後に寄ったのは飯塚の「蛭子味噌

f:id:grisella:20170512183522j:image

 

写真が下手すぎて分かりづらいですが、おしゃれなお店でした。いろんな種類の味噌があって、どれにするか悩んでしまう。味噌デップも人気商品だそうです。

 

 

筑豊は広いです。面白いところや美味しいものが多いけれど、点在しているのでまわるのが大変。この日も飯塚の食品セレクトショップわた惣」やリニューアルした石炭記念館にも行きたかったけど、時間がなくて行けませんでした。(飯塚には伊藤伝右衛門邸もあります。) 季節が変われば、池のおく園の庭も別の花で彩られるでしょうし美術館の展示も入れ替わるので、またいつか行きたいと思います。

 

 

近況

大学に入った娘は5月4日に夜行バスで帰省し、6日夜に帰って行きました。わりと自炊しているようで「自分で買ってみたら食材が高くてびっくりした」と言っていました。サークルにも入り一人暮らしの大学生活を楽しんでいる様子。「授業で分からないところがあるから復習する」と高校時代の参考書を荷物に入れていたので、それなりに勉強する気もあるみたい。とりあえず元気そうで安心しました。

 

息子は4月下旬から音信不通になり、ゴールデンウィーク明けにようやく電話にでました。「定例の電話に出るかメールをくれればこちらから度々連絡しないのでよろしく」といっていますが無理みたいです。今月下旬には夫が上京するので(どうせ来るなら出なくていいでしょ)と思ったのかなあ。

 

夫婦二人になり「生活が変わったでしょう」「さびしくなったんじゃない?」と言われますが、4月はバタバタしていたし5月は娘が帰ってきたし、特に実感がわきません。変わったことといえば電車通勤に変えた夫を駅まで送るようになったことと、毎日洗濯しなくなったことくらいです。これからじわじわ実感がわくのかも。

 

ヘルパーの仕事は少しセーブしているし、塾講師の仕事は土曜日がなくなりました。アパートを引き払ったので自宅とアパートを行き来する必要もなくなりました。引っ越しのあとの細々した整理もだいたい終わりました。基本的に6時起床、11時就寝の規則正しい生活をしています。それなのに黄砂やPM2.5のせいか頭痛や喉の痛みに悩まされる日が多いです。左腕のにぶい痺れも取れません。今月いっぱいは無理をせず、生活ペースを崩さないように過ごして、なんとか体調を取り戻したいと思います。

 

 

くわずにょうぼう (こどものとも傑作集)

くわずにょうぼう (こどものとも傑作集)

 

 

小学2年生の前で読んできました。けちな男の元に「飯を食わずによく働く女」が嫁いでくるものの、その正体は山姥だったというお話。髪をかきわけると頭のてっぺんに大きな口がついていて、その中にぽんぽん握り飯を放り込むところが怖い。表紙絵は正体を見せた山姥が男を桶にいれてかつぎ、山に連れ去るシーンです。あるクラスでは「怖いお話だよ〜」と言ってから読み始めたところ、読み終わったあとに男の子が「ぜんっぜん怖くなかった!!」と言いに来たそうです。低学年の子って可愛いねえとみんなで話しました。個人的には、読み間違えてしまった箇所があり、ちゃんと練習しないといけなかったと反省しました。擬音語、擬態語が多くてリズム感がある語り口なのに。次回はよどみなく読みたいものです。菖蒲やよもぎが魔除けになるという話なので(最後、山姥はよもぎに触れて溶けてしまいます)この季節に最適です。

思ったより働いてた

改めて確認したら2月は実働100時間程度。これだけ見ると週5日勤務として1日5時間だから、たいしたことないけど、ヘルパーの移動時間、塾講師の授業準備時間をいれたら控えめにみても1日あたりプラス1時間。これに通勤時間が往復2時間弱。アパートと自宅という二つの家を行き来しながら家事のほとんどを私がやっていることを考えると、思ったより働いていたんだなと思った。3月は、これにアパートの引っ越し準備、新年度にむけての仕事の引き継ぎなどなどが加わったわけで、元々体調が悪かったんだから、倒れたのも無理はない気もしてきた。

 

ヘルパーと塾講師の二つの仕事は、どちらも好きだし結構向いていると思う。でも、慢性人手不足のせいで常に新規の仕事を断りながら働いている感じ。それがストレスになっている。またスケジュールの調整も難しい。4月から金曜日にもクラスを持たないかという話があって受けたかったが、ヘルパーの仕事の調整がつかず断ってしまった。時間いくらで働いている身なんだから気にせず受けたらいいのかもしれないが、なかなか難しい。

 

40代後半に、外で働くことを決めた際、どうしてヘルパーや塾講師を選んだかというと、「時間の調整ができ自分の都合に合わせて働ける」「働き続けることで経験を積める=年を取っても働き口がある」という二つの理由からだった。ダブルワークになったのは選択肢をしぼりきれなかったから。幸いなことにヘルパーの事業所は、この業界にしては珍しくしっかりしたところで労働環境も条件もそんなに悪くない。自分が望むならば正規職員として働くことも可能だ。塾講師のほうも、スケジュールさえあえば、時間は増やせそうだし、わずかずつながら単価も上がっている。もう少し体力と気力があれば、両方やっていけそうだし、どちらかを選んでもそれなりの対価を得ることはできそうだ。でも、今は自信がなくなっている。

 

来週はアパートの引っ越しだし(結局、引っ越し繁忙期でここまでずれこんでしまいました)、その後しばらくは自宅の片付けでばたばたしそうだ。それが終わるまでは、努めて休息時間をとりながら、なんとかやっていかなくては。5月の連休明けくらいには一息つけるかなあ。そのあとゆっくり考えよう。とはいえ、雇用保険なんてない仕事なので、辞めると即座に収入がなくなってしまう。娘の学費や仕送りを考えると躊躇してしまうなあ……。

 

 

WMF プロフィプラス ハイキャセロール20cm W0720716380

WMF プロフィプラス ハイキャセロール20cm W0720716380

 

 

娘の下宿はIHでした。随分昔、バルス株主優待ギフト券で手に入れたWMFの鍋をもたせました。私が老後の一人暮らし用にとこつこつ買ってアパートで使っていたものは、ほとんど娘の元へと行きました。木の机と椅子、柳宗理のやかん、ティーマのカップ&ソーサなどなど......大事に使ってくれたまえ。

 

 

桜が咲く季節

先月中旬のこと。職場のミーティングに出席していたら、どんどん頭が痛くなってしまいました。あんまりにも気分がすぐれないので終了後の雑談の途中で「ちょっと車で休んでます」と退席しました。車内が寒かったのも悪かったのか、結局頭痛と吐き気で動けなくなってしまい、授業は代講を頼み、夫に迎えにきてもらい、最寄りの救急外来にかかりました。頭痛と吐き気のセットだったので検査も受けましたが、なにか悪い病気ではなく、肩こりや目の疲れ、睡眠不足からくる体調不良だったようです。次の日のヘルパーの仕事と、その次の日の塾講師の仕事は他の人に代わってもらって休みました。

 

6月まではがんばる!!と歯を食いしばってやってきましたが、だめだったなあ、限界がきたなあと思いました。とはいっても、急になにもかも放り出すわけにはいかず、次の週からはまた仕事に復帰しました。3月が終わって、後任の塾講師への引き継ぎが終わりました。娘も大学に進学し家を出ました。アパートは今月中旬に引き払います。今日、引っ越し業者に電話して日時を決めたところです。

 

まだいろいろすることはあるけれど、まあ一段落したのかな。体調はいまいちだけど、仕事も減らしたし家事もぼちぼちしているし、なんとかなりそうです。アパートを引き払ったら、自宅の整理をしながら今後のことをゆっくり考えようと思います。先週まで全然咲いていなかった桜が、今日はもう六分咲きです。今週末は花見に行ってこようかな。

 

うさぎのくれたバレエシューズ (えほん・こどもとともに)

うさぎのくれたバレエシューズ (えほん・こどもとともに)

 

 

たんぽぽヘリコプター (まど・みちお 詩のえほん)

たんぽぽヘリコプター (まど・みちお 詩のえほん)

 

 南塚直子さんの絵って、本当に可愛らしくて大好きです。

www.naokominamizuka.com