元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

古本センター珍竹林引野店に行ってきました

f:id:grisella:20180213191839j:image

 

昔、黒崎店によく行ってました。宝探し感があって楽しかったです。いつの間にか潰れていて寂しい。今は、この引野店しか残っていないようです。閉店した店舗の在庫が運び込まれたのか、中は足の踏み場もない本の山です。黒崎店もたいがいでしたが、ここはそれ以上。無理がある在庫量が詰め込まれています。正直、もう少し整理して厳選したほうがいいのでは?と思いました。本以外に色紙、絵葉書、紙芝居......までは良いとして、食器や置物、おもちゃ類まで、なんでもあり過ぎ。アルバイトで雇ってもらえるなら一日中整理して回りたいです。

 

店舗内に「六割引」の紙が何枚も貼ってあったので、(もしかしてここも閉店するのでは)と不安になりました。

f:id:grisella:20180214090134j:image

 

結局、1時間以上店内をうろうろして8冊購入して帰りました。計1300円。安っ!! 岩波写真文庫やカラーブックスは安いものは100円なので、その6割引ということは40円......買い占めたってたいした金額じゃないなあとか思ってしまいました。個人の古本屋さんは厳しいと思いますが、頑張って欲しいです。資金と場所があれば、がんがん買っちゃうんだけど......って昨年ようやく蔵書を整理したばかりなのに、危ない危ない。

 

y-ta.net

 

黒崎店の閉店は、こちらのサイトで知りました。9割引セール行きたかった。

 

 

雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集 (岩波少年文庫)

雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集 (岩波少年文庫)

 

 

岩波写真文庫の『雪の結晶』監修は中谷先生でした。本文を読んでいたら”ベントレーの「雪の結晶」を見て深く感動した中谷博士は、前から心にかかりながらのびのびになっていた、日本の雪の研究にとりかかった” とありました。↓この人のことです。

 

雪の写真家ベントレー

雪の写真家ベントレー

 

 

 

 

 

 

 

君のいない食卓(川本三郎)*読書日記3

本が売れたので発送前に読みました。

 

君のいない食卓

君のいない食卓

 

 

多分、読まずに積んだままにしていた本です。梱包紙やハサミ、糊などが散乱した床に座って一気に読みました。題名の「君」は癌で亡くなった著者の妻のこと。ですから「亡き妻との食事にまつわるエッセイ集」かと思いました。実際、その思い出が多く語られています。でも、それだけではなく、著者が幼い頃から今に至るまでの、食に関する様々な記憶を書き留めたものでした。

 

一編一編が短く、数ページしかありませんが、どの話もしみじみとして、こんなふうにせわしなく読むのがもったいない気がしました。老境に至った著者が、今まで口にしてきた食べ物の思い出を振り返っていくのですが、その筆致が淡々としながらも滋味深いです。

 

ただ、これは単なる私の偏見で何の根拠もないけれど、こういう文章を書く方は、実際に会ってみると相当偏屈な気がする。奥様はけっこう手を焼いていたのではないかな。天国で(何を愛妻家ぶってるのかしら)って笑ってるかも。

 

シナの五にんきょうだい

シナの五にんきょうだい

 

 「川本三郎」と聞いて私が一番に思い浮かべるのは、この絵本です。もともとは、石井桃子訳で岩波書店から出版されていました。岩波版は現在流通していません。

 

 

マイ・バック・ページ - ある60年代の物語

マイ・バック・ページ - ある60年代の物語

 
マイ・バック・ページ [Blu-ray]

マイ・バック・ページ [Blu-ray]

 

読んでないし見てませんが、著者の自叙伝的な作品みたいです。なんか興味本意で読みにくい。人が死んでるわけだし。

「普通の人」への執着が消えていく

先週は何一つはかどらず、だらだらと過ごしてしまいました。以前だと自己嫌悪に陥って滅入っていましたが、仕事を辞めた開放感から気持ちが明るくなっているのか、年を取っていまさらどうってことないと投げやりになっているからか、(まあ、今週はもうちょっとがんばりますかね)くらいの気持ちでいます。

 

私は特に何らかの障害を指摘されることはなく今まで生きてきました。それでも自分が「健常者」であるという感覚はないです。何事においても、なかなか思うようにならず、生きていくというのは大変だ、つらいと感じることも多いです。

 

grisella.hatenablog.com

 

grisella.hatenablog.com

 

ここに書いている以外に、10代から20代にかけては先端恐怖症に悩まされましたし、軽い相貌失認もあります。夫の親と同一敷地内で暮らすようになって一番に心配したのは(外でお母さんに会ったら誰かわからない。どうしよう)でした。さすがに20年以上一緒に住むと家族の顔は分かりますが、ママ友とかご近所の方の顔は今もあやふやです。

 

若いときは「どうして普通の人が容易にできることが私にはできないんだろう」と悩んでいました。なんとか「普通の人」になりたいと思い、努力もしました。でも、これまでずっと生きてきて、様々な人と会ううちに、実は「普通の人」なんていないんだなと思うようになりました。人はけっこう歪なもので、どの人もなにかしら偏ったところがあるもんだと実感しました。

 

結局、この年になると、普通とか普通じゃないとかどうでもいいです。ただ寿命が来るまで生きていくだけ。まあ、だからって自堕落に暮らしていって良いわけでないけれど。平民にとって一番の財産は健康だと思います。これ以上、自分で苦しみを増やさないように、心身の調子を整えて死ぬときがくるまでやっていくしかないです。

 

というわけで、だらだらと文章を書くのはやめて、家事しようっと。

 

ギリシア人の物語III 新しき力

ギリシア人の物語III 新しき力

 

 

昨日、塩野七生の新刊出たらしいよ、と夫に教えたら「鼻につくようになって読まなくなった。説教くさいんだよな〜。司馬遼太郎よかひどい」と顔をしかめてました。 あら、そうなの? 夫は歴史好きで、特にローマの話は大好きです。塩野七生も多分相当読んでいます。花粉症とかと同じで摂取量が限度を超えたのかしら。

 

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)

 

 

私は、塩野七生はほとんど読んでません。でもこの一冊はおもしろかったな〜。歴史物って、歴史オンチが単なるお話として読むとおもしろくても、歴史好きが読むと作者の主観が邪魔なのかもしれません。

 

イタリアからの手紙 (新潮文庫)

イタリアからの手紙 (新潮文庫)

 

 

資生堂のPR誌「花椿」に連載されていたエッセイがまとめられた本のようです。連載時には楽しく読んでました。でも、まとめて一冊を読もうとは思いません。雑誌や新聞などに載っているエッセイは、あの分量がよいような。この手の軽いエッセイは、一気に読むと、くどくて魅力が半減する気がします。

 

雪の絵本続き

 朝から寒さのせいで頭も体も固まってます。動いたほうがよいけど、まずは頭の運動ということで、雪から連想する絵本を挙げてみます。

 

はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー (世界傑作絵本シリーズ)

はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

バートンの作品にはこの他にも乗り物が主人公の絵本があります。『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』『ちいさいケーブルカーのメーベル』どちらも傑作。日本の乗り物絵本だと山本忠義さんかなあと検索してみたけど、雪が関係した絵本は見つけることができませんでした。山本さんじゃないけど、思いだしたのはこれ↓

 

やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)

やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)

 

 

上野から金沢に向かう夜行列車の様子を描いた字のない絵本。子供が小さい頃、親子で何度も読みました。電車の中の乗客の様子が細かく描かれていて、その背景をあれこれ想像するのが楽しいです。

 

ゆきのひ (こどものとも傑作集)

ゆきのひ (こどものとも傑作集)

 

 

雪国の暮らしが描かれた絵本。かこさとし先生がいつまでもご健在でありますように。

 

しんせつなともだち

しんせつなともだち

 

 

ゆきのひのおくりもの (パロル舎選「ペール・カストール」シリーズ)

ゆきのひのおくりもの (パロル舎選「ペール・カストール」シリーズ)

 

 

『しんせつなともだち』は村山知義の絵が大好きで、これも親子で楽しみました。ところが、後年、同じような絵本を発見して、びっくり。だって、翻案だとはどこにも書いていないので。詳しいいきさつはこちらのサイト(広がる世界 ──ちょっと加えたいこと その2: 本を旅する)に書かれていました。

 

雪のかえりみち (えほん・ハートランド)

雪のかえりみち (えほん・ハートランド)

 

 

数年前に小学校で読んだ絵本。大人数の前で読むには絵が細かくて向かなかったかも。はたこうしろうさんの絵がかわいいです。はたさんの絵って、ちょっとサンペの絵に似てる気がする。

 

ゾマーさんのこと

ゾマーさんのこと

 

 

絵本ではない、子供向けでもない、明るい話でもない。でも、忘れられない話。

 

ゆうかんなアイリーン

ゆうかんなアイリーン

 

 

実は絵本は読んでいません。ヤマハからでていた「世界絵本箱」シリーズを見ました。スタイグは大好き。へんてこなお話が多い中で、これはわりとまとも?なストーリー。病気になったお母さんの代わりに、吹雪の中、ドレスを配達に行く女の子のお話です。

 

雪の写真家ベントレー

雪の写真家ベントレー

 

 

ここ数年、小学校で読む定番絵本になっています。本読みのメンバーはみな、ベントレーの両親のほうに感情移入してしまいます。

 

ゆきのかたち (しぜんにタッチ!)

ゆきのかたち (しぜんにタッチ!)

 

 

こちらも同じく定番。ストーリー絵本と組み合わせて、二冊読みするときに使います。

 

ゆきがやんだら (学研おはなし絵本)

ゆきがやんだら (学研おはなし絵本)

 

 

気になりながら未読です。酒井駒子さんの絵本は数冊しか読んだころがありませんが、なんとなく子供よりも大人が読む絵本のような気がしています。多分、偏見。もう少し読んでみようかな。

 

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)

 

 

最後はこれ。この間年が明けたと思ったら、もう一月が終わろうとしています。すぐに節分がきそう。さあ、そろそろ私も働きます!!

 

 

 

 

雪が降ったのでプール行きをやめました/雪の絵本

でも、こんなふうに言い訳してたら足が遠のくのかな。あさって天気が良かったら行ってこよう。

 

昨晩計ったら体脂肪率29パーセントでした。誤差の範囲内だけど。なんとなくプールよりもWii~fitのヨガや筋トレのほうが効いているような。いやそれよりも、食事やおやつの量を減らすのが一番のような。

 

今日は朝から雪が降ったりやんだり、時には日がさしたり。そして、とても寒いです。夕食はブリ大根を作る予定。

 

ゆき

ゆき

 

 

先週、小学校で読んできた絵本。独特の世界。美しい絵。ちょうど雪がちらつく日でした。子供達がじっと集中していて意外でした。特におもしろいストーリーでもないし、馴染みがないマザーグースのキャラクターが何の説明もなく登場するので。細かいことは分からなくても雪で景色が一変する様子、そのわくわく感、美しさは伝わるんだなと思いました。

 

よあけ (世界傑作絵本シリーズ)

よあけ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 シュルビッツの絵本で一番有名なのは、この『よあけ』だと思います。『ゆき』よりももっとシンプルな感じです。

 

 

他に、私が好きな雪の絵本を思いつくままにあげてみます。年寄りなので、古い絵本が多いのはご容赦ください。

 

ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)

ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)

 

 

 一番に思いつく絵本。主人公のピーター少年がとにかくかわいいです。コラージュの手法が効果的に使われていて、雪と赤いマントの対比が鮮やかです。色使いや造形がいかにも外国という感じ。ニューヨークの下町の雰囲気が味わえて楽しいです。自分の体をそのままハンコのようにして雪に天使の形を作るところが好き。

 

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

こちらも古い絵本。子供時代に母から読んでもらいました。この表紙を見ただけで懐かしさがこみあげてきます。

 

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

 

 

お話自体は小さな頃から知っていますが、この絵本には大人になって出会いました。そういえば、私の母が「自分が足がすくんでいけないようなところに子供一人でやる母親はいない。新美南吉は若い男だから、こんな話を書いたんだろう」と言ってましたっけ。それはそれとして、とにかく絵が幻想的で素敵です。

 

 

雪わたり (福音館創作童話シリーズ)

雪わたり (福音館創作童話シリーズ)

 

 

他にもいろいろな画家が絵本にしていますが、大好きな堀内さんの絵本を選びました。選んでおいてなんですが、宮沢賢治の作品は絵がないほうが自分のイメージが広がる気がします。まずは、お話だけ読んでほしいです。

 

 

 

ピクルス、蜂蜜漬け、パン作り

ガラス瓶が好きで、気をつけないとどんどん貯まってしまいます。このため、小引き出し一つ分を限度とし、そこに収納できなくなると処分することに決めています。500ml瓶だと10本程度収納できます。でも、ここ数ヶ月は入りきらずに他のスペースにはみ出していました。

 

どうにかしないとなあと思っていたところ、知人が自宅で採れたレモンをくれました。まずはこれで蜂蜜漬けを作ることにしました。ついでに冷蔵庫に長いこと入れていた生姜(水に漬けていたので無事でした)もスライスして同じく蜂蜜漬けに。大鍋で瓶の煮沸消毒をしたおかげで、部屋が暖かくなって元気がでてきました。その勢いで冷蔵庫を整理。人参の切れ端やピーマン、籠の中でしなびかけていた玉ねぎを切り、家庭菜園から抜いてきた大根も加えてピクルスを作りました。

 

かなり古くなっていた強力粉やイーストも使ってしまおうと、久しぶりにホームベーカリーを出してきてパンも焼いてます。半端に残っていたリンゴジャムを混ぜ込みました。思いつきで始めたので、できあがりは夕食前になりそうです。ちゃんと焼けるかなあ。

 

蜂蜜漬けとピクルスのおかげで500ml瓶3本、ジャム瓶1本が冷蔵庫に移動しました。これではみ出しているのは小さなジャム瓶が2つ。これくらいはまあいいか。

   

nekofuwa.hatenablog.com

檸檬の蜂蜜漬けは、上記のサイトを参考に作りました。子どもの頃、酸っぱくて嫌いだったのは砂糖と蜂蜜の量が足らなかったからだと分かりました。

 

 

クイーン・アリスの永久保存レシピ 愛蔵版

クイーン・アリスの永久保存レシピ 愛蔵版

 

 

古本屋で可哀想なくらいの安値で売っていたので購入しました。こういう一世を風靡した料理本は流通量も多いし時代遅れ感が出るので値崩れするのかな。今はKindle版が出ているんですね。以前食べたピクルスが美味しくて、その味を再現しようと試行錯誤しましたがうまくいきません。この本のレシピも試してみました。今のところ、今までで一番私の口に合うようです。でも、ちょっと違うんだよなあ。ちなみに美味しい!と思ったピクルスは「セルプちくほ」という障害者施設の製品です。ネットで検索したら自分の記事がヒットしました。前にも空き瓶好きな話を書いてた。すっかり忘れてた。

 

grisella.hatenablog.com

 

2018年1月第3週

1 運動

外壁塗り直しの後、頭痛がひどく寝込んでしまったため、プール行きは中止。その代わりwii-fitで少しだけヨガをやってみました。片足立ちをしたらグラグラして、呼吸を整えるどころじゃない。ほんとに筋力がなくなっているんだなあと思いました。ヨガをしたあとは、気のせいか頭痛も若干良くなったようです。このまま毎日続けていき、プール通いも復活させます。

 

2 読書

頭痛がひどく読書をする気になれませんでした。今週は何か一冊くらい読もうと思っています。

 

3 家事

家の外壁や木製デッキを塗り直しました。ウィークデーに半日やったら頭痛で次の日は使い物にならなかったので、週末はマスクとビニール手袋をつけ(そもそも、これ無しでやったのが間違い)二時間程度の作業にとどめました。とりあえず木製デッキの塗装は終了。天気が回復したら二度塗りします。その他の家事としては寝具や衣類の整理をしたぐらい。今週は納戸の片付けをする予定です。

 

4 英語

今現在の単語力を把握しようと思って、mikanというアプリを使っています。今は「大学受験英単語2500」というのに取り組んでます。2500語をしっかり覚えたら簡単な文章なら読めるかなと思って。アプリで遊んだ以外はなにもやれてません。こんな調子だとすぐ春になってしまう。今週こそは暗唱を始めます。

  

月 人 石 (こどものとも傑作集)

月 人 石 (こどものとも傑作集)

 

 

からすたろう

からすたろう

 

 

今朝、小学校に行って6年生に読んできました。『月人石』は、書、文、写真が一体になった美しい絵本です。右ページに写真と短文、左ページに一文字の書という構成です。書がまるで絵のように見えます。本当は、手にとって自分のペースで味わって欲しい。

 

『からすたろう』は今から100年ほど前の小学校が舞台となったお話です。クラスの子からつまはじきにさればかにされ続ける主人公の様子に胸がきゅっとなり、理解ある先生に会えたのちの顛末に心を打たれます。「からすたろう」というあだ名がいかにも古いですし、小学校を出てすぐに働く主人公の境遇も今の子にぴんとくるかなあ。先生と会ったのちの顛末に(現実はこんなにうまくいくだろうか)とも思います。それでも読むたびに「すべての子が、この先生のような人に会えればいいなあ」という祈りにも似た気持ちを持ちます。

 

八島太郎は小林多喜二の友人で、その死に顔をスケッチした人だそうです。軍国主義に反対し、自身も何度か投獄されています。1939年に渡米、戦中はUnited States Office of War Information(OWI)に所属し対日宣伝活動に従事していました。絵本を執筆し始めたのは1950年代初頭で、『Crow Boy(からすたろう)』は1955年出版、翌年には米国最高の絵本賞であるコルデコット賞の次席に選ばれました。

 

『からすたろう』は昨年の2月第4週にも読んでいました。

 

 

 この記事の中で触れた、私の好きな絵本はこれです↓

 

あまがさ (世界傑作絵本シリーズ)

あまがさ (世界傑作絵本シリーズ)

 

「モモ」はニューヨーク生まれの小さな女の子。三つのお誕生日に二つの贈り物をもらいます。長靴と雨傘。モモはうれしくてうれしくて夜中に目をさまして贈り物を眺めます。そして雨が降った日に......なにげない日常を描いた絵本。ニューヨークの街の絵がとても素敵です。主人公のモデルになった八島モモさんは女優だそうです。ちなみに、八島太郎の息子は、マコ岩松。私はよく知りませんでしたが、かなり有名な俳優さんなのですね。