元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

仕事休みました

今年は「急に仕事に穴をあけない」ことを目標に仕事量を減らし、家事も手を抜き、体調を崩さないことを最優先にしてきたのですが、ついに休んでしまいました。あ〜あ。

 

ここのところ体のだるさがひどく、木曜日には起きあがるのもきつくなってしまいました。仕事が休みの日だったので(ほっとして疲れがでたのかなあ)と思いつつ、ごろごろだらだらしてみても一向に楽にならず、微熱もあったので、事務所に連絡して金曜日の仕事をはずしてもらいました。

 

症状としては首や喉あたりのリンパに少し腫れ、血が混じった痰(でも喉はそんなに痛くない)、左腕のしびれ、時々関節痛(箇所はいろいろ)、ひどいだるさです。咳もくしゃみも鼻水もなし。病院では「何かの感染症が疑われるので血液検査と尿検査をしましょう」と言われました。しかし、検査結果に特に問題はありませんでした。とりあえず睡眠を必ず7時間とること、無理をしないこと、それで良くならなければ、慢性疲労症候群の可能性があるので、大きな病院を紹介しますと言われました。

 

どっちかというと、何か異常があって対処方法がわかってほしかったです。2年前の事故以降、基本的にだるいです。だるさは軽くなったり重くなったりするけど。なにか運動をすると改善すると思うのですが、仕事と家事でいっぱいいっぱいで、あとはうずくまるようにして過ごしています。運動する余裕がありません。やっぱり年内で仕事を辞めたいなあ。4月以降は東京で働く可能性が高いので、春までは体調回復に努めたいです。

 

昨日と今日は、基本的に横になって過ごしたからか、今は少し元気がでてます。朝ごはんも作りました。といっても「トースト、紅茶、ホットミルク、目玉焼き、キャベツの千切り、ウインナー炒め」なんで調理とはいえませんが。今からぼちぼち台所を片付けて、そのあとは庭に出てお日様にあたります。

 

Tarzan(ターザン) 2017年 10月12日号[上げろ! 「代謝力」]

Tarzan(ターザン) 2017年 10月12日号[上げろ! 「代謝力」]

 

 私は元々体温が高めで、長らく平熱36.8℃でした。それが、事故後は35℃台前半になっています。最初は体温計が壊れているのかと思いました。この低体温も体の不調の原因だと思っています。でもどうやったらあがるのかわかりません。これ読んだら分かるかな? 結局、運動ですかねえ。

ヘルパーになって良かったこと困ったこと、介護福祉士試験に通るまでなど。

仕事が急にキャンセルになったので、ヘルパーの仕事について、つらつら書いてみようと思います。

 

ヘルパーをやって良かったこと

仕事が楽しい

大変なことも多いですが、おおむね仕事が楽しいです。大抵のお宅では「来てくれてありがとう」と感謝されます。自分が役に立っている実感を得られます。それに、私はお年寄りの話を聞くのが好きです。長い人生を送ってこられた方の話は興味深いことが多いです。認知症の方は何度も同じ話をされますが、合いの手をいれながら話をうながしていると、ひょっこり今まで聞いたことがないエピソードが出てきたりして面白いです。

 

仕事をするうえで年齢がハンディにならない。

もちろん体力では若い人にはかないません。ですが、私の職場では70代の方も働いています。私なんかよりずっとさばけてます。先輩ヘルパーには家事全般が得意なスーパー主婦が多くて、正直気後れしてしまいます......。反面、私にもまだ伸びしろがあるんじゃないかと希望も持てます。やる気さえあれば、中年以降も介護技術を磨き、キャリアを積んでいくことができます。

 

家事の段取りがよくなった

例えば一時間でどれだけの掃除をするか、調理をするか。場数を踏むにつれ、どのような作業にどれくらいの時間がかかるかが分かってきました。家で料理や掃除をする場合も、頭の中で段取りを考える癖がつきました。また、制限時間の中で作業をこなすことを繰り返すうちに、手早くなりました。

 

同僚とのいざこざが少ない

基本的に、利用者宅に一人で行って帰って来るので、職場のいさかい的なものが起こりにくです。私は人間関係のトラブルに弱いので助かってます。といっても一人の利用者宅に複数のヘルパーが入ることが多いので、他のヘルパーと全くの没交渉というわけでもありません。ヘルパー同士で情報交換したり相談しあったりできます。これくらいの関係性が私にはちょうど良いです。

 

ヘルパーをやって困ったこと悩んだこと

仕事内容が重い

特に、入浴の介助や同行援護(外出時の援助)は相当緊張します。かなり場数を踏みましたが、きっとこれからも緊張すると思います。仕事が終わって帰宅するとほっとして、しばらくうずくまって休む時もあります。また、高齢な方が多いため、担当している利用者が入院、死亡することも多々あります。関係が深いほど悲しみやショックも大きいです。私は経験していませんが、訪問先で利用者の死に直面する場合もあります。

 

人間関係のトラブル

「同僚とのいざこざが少ない」と書いたばかりでなんですが......私は利用者とのトラブルで一時休職しました。職業意識が低く考えが甘かったと反省しています。基本的に一対一で対応しますし、様々な方がいるので、常に細心の注意が必要です。ヘルパーの個人的な情報(「お子さんはいくつ?」「どこに住んでるの?」など)を聞いてくる方は多いです。上手にかわして距離感を保ちながら良好な関係を築くのは難しいです。

 

ヘルパーの社会的地位の低さ 

正直、ぴんときていませんでした。しかし、介護福祉士の試験を受けに行った時に初めて思い知らされました。そもそも厳寒期にドーム球場で試験をするという段階で、ひどい扱いじゃないですか? 寒くて寒くて震えながら受験しました。実技試験の際も、たった5分の試験のために半日拘束され、しかも指示に従って椅子から椅子へと移動するのみ。自由に動くこともできませんでした。幸い、私の職場は非常に働きやすく、待遇も悪くありません。しかし、もし、日常もこんな感じの扱いで働かされたら、みじめで心がゆがみそうです。

 

人手不足のしわ寄せ

勤務先の職場環境はとても良好です。それでも人手が足りず、常に新規の仕事に入れないか打診を受け続ける毎日です。断ったからといって不利益をこうむるわけではありません。嫌な顔すらされません。それでも、断ること自体がストレスです。

 

場合によっては人の命にかかわる仕事なので、落ち着いた気持ちで余裕を持って取り組みたいです。しかし、自分の体調が安定しないせいもあって難しいです。休み休みとはいえ5年間勤めてきました。今はいったん辞めて今後のことを考えたいです。

 

見て覚える! 介護福祉士国試ナビ2018

見て覚える! 介護福祉士国試ナビ2018

 

私はこの一冊で介護福祉士試験に合格しました。職場から行かされた講習会では、以下のことを言われました。おかげで気分が楽になり、落ち着いて勉強できたのがよかったのだと思います。

 

・1日2時間、2週間程度勉強すれば合格できる試験

・日本滞在3年の外国人受験生のうち40%が合格している

・とはいえ直前2週間から始めると不安だし集中できない

・気持ちに余裕を持って受験するためには少し前から準備するとよい

・今(2ヶ月前でした)は勉強を始めるのに早すぎず遅すぎずちょうどよい時期。

・問題の8割が過去問またはそれを少し変えたもの

・配点の大きい分野が決まっているのでそこを重点的にするとよい

 

 

            *******

 

私が訪問介護員2級をとったのは2010年です。市の広報誌に2級ヘルパー養成講座のお知らせが載っていたのを見つけて受講しました。たしか自己負担が2万か3万、研修期間は3ヶ月ほど。市町村振興協会主催の講座で、料金が格安なわりに研修は充実していました。当時、私は細々とはいえ在宅で仕事をしていたため対象になりませんでしたが、失業した人を対象とした、賃金(といっていいのかわかりませんが)を貰いながら無料で受講できる制度もありました。現在はホームヘルパー2級は廃止になり、介護職員初任者研修に変わっています。現在でも、条件があえば求職者支援制度を利用することが可能です。

求職者支援制度のご案内 |厚生労働省

 

無事に資格を取得したものの、いざとなると外に出て働く自信がなく、私の体調(しばらく前に病気をしてました)を心配した家族の反対もあり、実際に求職を始めたのは2年後の2012年です。人手不足もあってか、仕事はすぐに決まりました。当初は調理や掃除を中心に仕事を始め、少しずつ入浴介助や同行援護の仕事も増えていきました。少しずつ自分のペースで仕事に慣れていけたのは幸いでした。勤務先に恵まれていると思います。

 

働き出して3年が過ぎ、受験資格ができたため、介護福祉士を受験することになりました。勤務先主催の講習会(筆記、実技共あり)や模擬試験を受けた上で、本試験に臨みました。結果、合格。受験料は勤務先の補助があり、合格したことで全額返ってきました。この間の経緯はこちらに書いています。

 

介護福祉士受験対策講座に行ってきました

介護福祉士筆記試験受けてきました

ヘルパーの仕事を休職します -

介護福祉士試験に合格しました

 

試験自体の難易度はそれほどではありませんでしたが、家庭の事情や体調不良をおして受験したために相当きつかったです。旧制度で受験できる最終年だったため職場からの要請も強く、無理をしました。結果、直接の原因でないとはいえ、試験後3ヶ月近く休職してしまいました。職場には迷惑をかけましたが、この時に受験していて良かったと思います。新制度では講習時間も長く費用もかかるので、受験できなかったかもしれません。資格取得により少しですが資格手当もつき、経験年数さえクリアすれば介護支援専門員試験の受験資格も取れます。といっても今後受験するかどうかわかりませんが。そもそも、今後もヘルパーを続けるかどうか迷っています。ただ、今後働くことを考える上で、この資格は「お守り」みたいな気持ちでいます。

10月第5週〜11月第1週

1 運動

仕事して家事したら体力限界……とか言い続けてだらだらしてます。しかし、検診の結果、悪玉コレステロールが180だし腹囲もひどいことになってました。さすがに何かしたほうがいいよね。水泳は一度行っただけで終わってます。再開するかなあ。あと間食をできるだけしないようにします。

 

2 勉強

こちらも「英語の勉強をする!」と言ってたのはいつの日のことか。英検準一級、TOEIC810点をとったのはもう5年前。なんの役にもたててません。すっかり忘れてるし。今後どうするか。

 

3 かたづけ

夫婦二人になり家の中はすっきりしました。本もほとんど処分したし。子供部屋は彼らが帰省した折に片付けてもらいます。あとは日々の暮らしの中で身辺整理しながら老後に備えます。

 

4 仕事

塾もヘルパーも、まあまあ順調です。春先に体調を崩したので用心して仕事量を減らしています。ぎりぎり扶養の範囲内。年内で両方ともいったん辞めて来春以降のことを考えたいので、どちらも職場には退職を申し出ています。でもはっきりするまで休職したらいいじゃない?と言われて悩み中。

 

5 家族

実家の母は元気です。友達とお互い家に招きあったり外出したり忙しく過ごしている様子。隣に住んでいる夫の両親にも変わりありません。ただ、姑に車の運転をやめてもらうのに頭を痛めています。言えばいうほど頑なになって困ってます。今のところ日常生活に支障はなく、特に私の出番はないです。一週間に一度は一緒に食事をするように心がけているくらい。娘はアルバイトも始め楽しく大学生活を送っているようです。あまり勉強してなさそうなのが気になりますが。息子はとにかく追試に全力を尽くしてほしい。あとは年明けに今後のことを話し合う予定です。夫は今の仕事は今年まで。来年には転勤です。東京に転勤になるといいんだけど。宝くじに当たるくらいの確率だなあ。

 

久しぶりに振り返ってみたら、順調といえば順調、停滞といえば停滞の毎日です。また体調を崩したくなくて少し臆病になりすぎているのかも。がんがん運動する元気はないですが、間食を減らしたり睡眠時間を多めにとったりして、もう少し積極的に心身の調子を整えるようにしたいです。

 

 

 

 

ピッキーとポッキーのはいくえほん (日本傑作絵本シリーズ)

ピッキーとポッキーのはいくえほん (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

最近、授業の参考にと買いました。どちらもかわいい。子供達が「これなら自分にも作れそう」と思うような俳句が載ってます。

 

俳句は下手でもかまわない

俳句は下手でもかまわない

 
俳句は下手でかまわない (朝日文芸文庫)
 

 私が好きな俳句の本。様々な人の様々な俳句が紹介されていて楽しいです。この本を手にするまで、結城昌治が俳句を作る人だと知りませんでした。

 

最近出かけたところ

*小石原民陶祭*

復興支援で人出が多いかなと思いましたが、雨模様だったこともありそれほどでもありませんでした。

f:id:grisella:20171102090642j:plain

皿山地区の様子。茅葺の建物や登り窯など、景観が美しい。

 

f:id:grisella:20171102093935j:plain
f:id:grisella:20171102090650j:plain
f:id:grisella:20171102090659j:plain

 

ぐい呑2つ、小鉢4つを購入しました。1つ700円前後。お昼は添田町の道の駅でうどんを食べ、栗や味噌、甘酒、豆腐など買って帰りました。

www.kanyuusya.com

かつては敷地内の「こどもワクワクパーク」が大人気だったそうです。大型遊具がいろいろある広場です。今は遊具の更新がないので以前ほどではないとか。難しいもんだなあ〜。

 

 

*直方産業祭

直方には古くからの友人が住んでいて、20年以上前に遊びに行ったことがあります。その当時ですらレトロな商店街でした。数年前に彼女が「直方はもうだめ。ゴーストタウンだよ、商店街」と悲しげにいってましたが、確かに寂れていました。日曜だったせいもあってか須崎町のアーケード街はほとんどシャッターが下りていました。その中で自転車屋さんが目立ってました。がんばってる店はまだあるんだな。写真撮り損ねたけどガラス張りでおしゃれでした。ジャイアントストア直方というお店です。

  

f:id:grisella:20171102090725j:plain

古町商店街の様子。雨なのにわりと人が来てました。

f:id:grisella:20171102090745j:plain
f:id:grisella:20171102091032j:plain



左の写真、普段は道場らしいです。レゴで遊べるようになっていました。右の写真は、映画祭(も開催されてました)会場の入り口で染物屋さんがを売っていた手ぬぐい。可愛かったので購入。他に野菜やお菓子を買って帰りました。全体的に「産業」祭という感じがあまりしなかったです。駆け足で見たからかも。見たい映画も幾つかありましたが時間が合いませんでした。残念。

 

 

*飯塚*

筑豊製菓の「綱取あられ」というお菓子が好きです。スーパーなどで同種の菓子を売ってますが、たいてい私にはしょっぱ過ぎ。「綱取りあられ」は塩加減がちょうどよいです。夫が近くに寄る時にわざわざ買ってきてもらいます。ここの創業祭に行ってきました。すごい人出でびっくり。千人以上来たそうです。店長さんのブログに当日の様子が載ってました。

ameblo

 

f:id:grisella:20171102092402j:plain

これだけ買って約千円でした。右上は飴のつかみ取りにチャレンジした成果。他に、私は無料のおしるこをいただき、夫は缶ビール(200円)とフライドポテト(150円)を購入。左上のお菓子はしっとりとした饅頭で中の白餡に無花果が入ってます。博多座福岡空港で売っているそうです。通りもんに似てますが、こっちのほうが無花果の酸味やツブツブ感がアクセントになってて私は好きです。その下はあまおうの飴。

 

夫を目的地に降ろした後は商店街内の「わた惣」に寄りました。以前から一度行って見たかったお店。創業140年の食材セレクトショップ?です。イメージしていたより高級店っぽくない店構え。

f:id:grisella:20171102161427j:image

 

f:id:grisella:20171102091211j:plain
f:id:grisella:20171102091345j:plain

和食関係の食材が多いかと思ったけど、スパイスやジャムもかなりの品揃え。結局、辛子高菜の油炒めと栗落雁、アイスクリームを買って帰りました。今度は支店のネロボタニカ店 にも行ってみたいです。 

 

 

 




 

トロイメライ

今日、二軒目の仕事は、元ピアノ教師だったという高齢女性のお宅での掃除でした。耳が遠く脚も弱っているので、玄関で呼び鈴を押すのではなく勝手口から出入りするように言われています。入り口で挨拶をして中に入ると、ピアノの音がしました。トロイメライを数小節ずつ確かめるように弾いていらっしゃいました。ここのお宅でピアノの音を聴くのは初めてでした。いつもはピアノがある居間から掃除を始めますが、今日はトイレやお風呂から始め、居間は最後にすることにしました。掃除をしながらずっとトロイメライを聴いていました。他の箇所をすべて済ませてピアノの部屋に戻ってくるとちょうど楽譜を片付けていらっしゃいました。目が合うと、少し照れくさそうに、にこっとなさって「昔はよく弾いたんだけど、だめね、全然弾けないの。まるで初めて弾くみたい」とおっしゃいました。次の仕事に向かう車の中で、またいつか聴かせていただけるとうれしいです、とお伝えすればよかったと思いました。

 

シューマン: 子供の情景 Op.15/ヘンレ社/原典版 (2007年改訂版)

シューマン: 子供の情景 Op.15/ヘンレ社/原典版 (2007年改訂版)

 

 保育士実技試験に向けて、2年ほどピアノを習いました。先生は息子の同級生のお母さん。本読みサークルの元メンバーでもありました。ピアノの練習自体はもちろん、彼女と話すのも楽しかったです。格安で教えてくれてありがたかったです。また習いたいなあ。

一難去ってまた一難(まさかの三留??)

春先からずっと心身共に調子が悪く「疲れ果てた。もう何もかも終わりにしたい」という気分にとりつかれてました。こういう時は「とりあえず大きな決断を先送りにしてしのぐ」しかないので「6月まではなんとしても生き抜く」ことを目標に暮らしてきました。結局、3月に体調不良で倒れて少し休めたのもあり、なんとか最悪の状況は脱しました。希死念慮を紛らすために身辺整理をしたおかげで長年捨てられなかった蔵書の処分もすすみ、家の中がすっきりしました。娘の引越しやアパートの引き払いなどが終わった4月下旬には体調も落ち着き、低空飛行ながら日々穏やかに暮らしています。

 

この夏には、息子や娘も帰省しました。娘は大学生活を充分楽しんでいるようだし、息子もわりと体調がよさそうでよかった......と思っていたのですが、なんだかまた留年しそうです。11月に追試があるので確定ではありませんが。そして、9月に入ってからは、また電話にも出ずメールにも返信しない日々。息子に役所で取ってきて欲しい書類があるのですが連絡がつかないので、また夫が上京するはめになりました。

 

今までは金銭的な負担や、受験生である娘のこと、高齢な両親のことを考えて自宅を離れるのを躊躇していましたが、ここまで来ると夫か私が上京して息子と一緒に住むしかないのではと思っています。主治医に話してみたら、試してみる価値はある、本人は嫌がるかもしれないけど、とのことでした。夫が転勤できれば一番いいのですが、可能性はとても低いです。ということは私が行くしかない。息子はプライベートスペースがないと病むので最低でも二部屋ある場所に住む必要があります。私が、それなりの金銭を稼がないとやっていけないので相当不安です。この頃は、東京都23区内のヘルパーや保育士の求人を検索したりしています。

 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

 海外の日本食レストランで働く弟が一時帰国しました。実家に会いに行ったら、この本を「これ姉ちゃんにやるわ」とくれました。いつどこで買ったんだろう? 住んでいる国は貧富の差が激しくて好きになれない、料理も雑でいらいらする、でも金は貯まるからもうちょいがんばって働く、と言ってました。来春には新しい店を任されるそうで、メニューをいろいろ考えていました。海外に比べたら東京なんか近いよな。姉ちゃんもがんばるよ。

 

筑豊のレトロなお菓子〜ダイヤの山羊羹など

夫が、田川の菓子店「ボヌール」で羊羹と焼き菓子を買ってきました。お菓子のパッケージも手提げ袋のデザインもレトロ。羊羹のパッケージには「の山」が小さく書かれているので大丈夫ですが、「ダイヤの山羊羹」と書かれると「やぎかん」って読んでしまうのは私だけでしょうか。中に入ってるしおりのデザインも良いです。小さすぎてわかりにくいけど、炭鉱の様子が描かれています。

f:id:grisella:20170729104630j:plain

 

ケーキ屋で羊羹??? と思いましたが、元々は和菓子屋さんで「一角家」という屋号だったそうです。「ダイヤの山羊羹」は昭和8年に初めて製造された歴史あるお菓子。糸田町ふるさと納税の特典品一覧に載ってました。

 

特典について | 福岡県糸田町ふるさと納税 - 糸田町ふるさと寄附金

 

とにかく大きくて、重量は一個290g。

f:id:grisella:20170728132449j:plain

冷たい麦茶と一緒に食べました。黒糖の風味が強く、ねっとりとしていて食べ応えのある羊羹でした。私は好きな味。栞の写真、もう一度撮ったけどうまくいきませんでした。残念。

f:id:grisella:20170729091525j:plain

 

焼き菓子は明日食べます。

f:id:grisella:20170728132538j:plain

 

ボヌールでは、以前、ケーキも買いました。こちらも美味しかったです。筑豊は美味しい甘いものが多いです。

grisella.hatenablog.com

ゴールデンウィークには筑豊めぐりをしました。

grisella.hatenablog.com