元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

クロスステッチのエプロン

一昨日ブログに書いたエプロンはこれです。

 

f:id:grisella:20180714102733j:plain

 

母の友人がひと針ずつ刺したものを、母がエプロンに仕立てました。近くで見るとこんな感じ。

 

f:id:grisella:20180714103417j:plain

 

何度か洗濯したしアイロンのかけ方が甘いので、布地が少しよれています。当初、使うのがもったいないと感じましたが、しまいこんでおく方がかわいそうと思い直して使ってます。アイロンをかける度に(こんな簡単なステッチで可愛い模様ができるもんなんだなあ)としみじみ見てしまいます。

 

 

ちいさな刺しゅう

ちいさな刺しゅう

 

 

私は人一倍不器用で、裁縫の類もほとんどしません。娘が小さい頃は、一緒に刺繍や指編みを楽しんでいましたが、私が病気になったこと、娘が手芸への興味をなくしたことで、また手仕事から遠ざかってしまいました。でも憧れはあって、ちょくちょく本を買っていました。結局、買って眺めるだけで何もしないんですが。この本も随分昔に購入したまま。

 

6時間電話かけまくったら、めちゃ疲れた

昨日今日と続けてコールセンターで仕事。10時から16時まで1時間ごとに5分の休憩を取りながら電話をかけました。「電話をかける」と言っても、通話が終わると自動的に次の電話がつながるシステムになっているので、ヘッドホンつけてひたすら応対するのみ。特にトラブルがあったわけではないし、どちらかというと感謝されることの方が多いのに、ひどく疲れました。

 

昨日は仕事中ペットボトルのお茶を飲むだけで何も食べず、帰宅後カレーパン食べて牛乳飲んだら、そのまま眠ってしまって、起きたら19時だったのでびっくりしました。慌てて掃除して、夕ご飯作って、夫が食べた後に台所片付けて、お風呂入って寝ました。今日はチョコ味のSOYJOYを買って14時過ぎに食べたら、昨日よりはマシです。ちょっとだけでもお腹に何か入れると違うんだなあと思いました。

 

今月はシフトが少ないから、さすがに何か他の仕事を探さなくてはと思っていたら、新規の仕事がきてなんとかなりそう。というわけで、ただでさえ億劫な仕事探しは「もう少ししてからでいいや」となってます。

 

上京して保育士をする予定がぽしゃってしまったので、なんかやる気が失せています。不安でいっぱいながら、やるしかない!と覚悟を決めていた反動かな。夫からは「せっかく資格を取ったんだし一度は働いてみたら」と勧められていますが、今の土地で、わざわざ挑戦する気持ちが湧いてきません。

 

今後、ずっとコールセンターで働くのかと言われると、それもどうだろうと思うので、しばらくはあまり焦らず、ゆっくり何の仕事をするか考えながら探してみます。とはいえ、そんなに余裕はないんだよなあ。

 

刺しゅうの基礎

刺しゅうの基礎

 

 

実家の母を訪ねると、可愛らしいエプロンをくれました。赤いチェックの生地にクロスステッチで模様が描かれていました。知人からステッチを施した布を貰ったので、それでエプロンを作ったそうです。母やその友人の、そんな日常が、なんだか羨ましいなあと思ってしまいました。

最近のこと色々

仕事

ショッピングセンターの仕事はゴールデンウィークで終了。同じ部署の全員が同時期に終了だったようだ。私だけがクビってわけじゃないんだ、とほっとした。6月はコールセンターの仕事がそこそこあったので良かったが、7月は閑散期で月50時間程度しか仕事がないし、8月も不透明なので、また何か探さないといけない。夫は「せっかく資格をとったんだから一度は保育士をやってみれば?」という。それはそうなんだけど、なかなか一歩が踏み出せない。

 

勉強

「保育士未経験でピアノも弾けないし絵も描けない。ExcelやWordも知らなくて事務もできない。やっていける気がしない」とぐずぐず言い訳をしていたら、夫が公的機関主催で格安な「Excel講座全8回」というチラシを持って帰ってきた。せっかくなので応募して受講が決まったが、授業についていくには家での復習が必要だし、最終日には検定試験を受験しなきゃだし、かなりプレッシャーを感じている。「考えたら、保育士がExcel使うことはないかも。どっちかというとWordかなあ」と夫。今更そんなこと言われても。試験は来週です。あ〜やだな〜。

 

健康

ぼちぼちながら仕事は続けているし、思いがけず始めたExcel講座も休まず行けてるし、低空飛行ながらまずまず。眼鏡を新調したのがよかったのか、頭痛や怠さもかなり軽減した。ただ、運動は全然できていない。毎日、体重と体脂肪率を測るのだけは続けている。白米とおやつの量で体脂肪率がてきめんに変わるのがわかった。夜は基本的に白米は食べないようにしている。結果として味の濃いおかずを食べなくなるので一石二鳥かも。

 

その他

庭木にメジロが巣をかけている。一日に何度か、窓越しに見上げて姿を確認するのが楽しみだ。このまま雛が無事に孵って巣立ってくれたら良いのだけど。猫やカラスが多いので心配。台風も心配。でも、暮らしの中に生き物がいるのは楽しい。犬や猫も飼いたかったなあ。実家の老犬は、私が遊びに行くと散歩をせがんで、ゆっくりゆっくり歩いたものだが、ここ最近は「もう散歩は疲れるからいいや」という感じだ。いつまで元気でいてくれるだろう。

 

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

 

 

数年前にヴィレッジヴァンガードで買った「フレデリック」がプリントされたミニトートを持って出かけたら、レジの女の子に「それ、何かのキャラクターですか?」と聞かれました。絵本があることを教えたら「ああ! 小さい頃に読んだかも。それで見覚えがあったのか〜」と納得してました。フレデリック、可愛いよね。

掃除の効用

昨日は天気が良かったので、台所と廊下の間の引戸を外して洗いました。ガスレンジ横に位置しているので汚れやすく、ずっと気にはなっていたのです。外でホースの水をかけ、洗剤をつけたスポンジでごしごし擦りました。無垢材なのでちょっと乱暴ですが、長いこと放っておいたせいで、ちょっとやそっと拭いたくらいでは汚れが取れなくなっていたので。拭きあげて乾かした後に荏油を塗り込むと、見違えるくらい綺麗になりました。そうしたら、今度は台所の床が気になり始めました。近いうちに床も洗剤で汚れを落としてワックスをかけようと思っています。

 

頭痛と怠さの原因は、運動不足と目の酷使のせいだと思うので、昨日は掃除をしたり庭木の植え替えをしたりと、せっせと体を動かしました。というか、ようやく体を動かす元気が戻ってきたとも言えます。新品のようになった引き戸を見たら気持ちが明るくなりました。調子に乗ってやり過ぎると元の木阿弥なので、ぼちぼちペースを作って行こうと思います。このまま調子が良くなるといいなあ。

 

マルタ 純正荏油 500ml

マルタ 純正荏油 500ml

 

 今日塗った油はこれです。良い艶が出ました。他の建具も塗りたいくらい。

 

おそうじを おぼえたがらないリスのゲルランゲ (世界傑作童話シリーズ)

おそうじを おぼえたがらないリスのゲルランゲ (世界傑作童話シリーズ)

 

 オオカミに食べられそうになっても「おそうじはおぼえたくありません」と言い張るリスのゲルランゲ。小憎らしいけど可愛いです。堀内誠一さんの絵で可愛さ倍増。

ついに老眼鏡を作りました

ここのところずっと頭痛に悩まされています。漫然とネット上のあれこれを見て回る悪癖がある上に、コールセンターではPC画面を注視するので、目が疲れているんだと思います。それに眼鏡が合っていないような。字を書く時に手元が見づらいし、本も読みづらいです。小学校で絵本を読んでいても字が見えにくいなあと感じることが増えました。今使っている近視用の眼鏡もレンズに小さな傷が目立つし、フレームも色が剥げかかっているし、そろそろ替え時。

 

というわけで近視用の眼鏡と老眼鏡、両方作ってきました。遠近両用は絵本を読む時に役に立たなそうだし、用途別にしてかけかえた方が目の負担が少ない気がしたので。できるだけ安いのにしたつもりだけど、顔が小さくて合うフレームが少ないのと、度が強くてレンズが高いせいで、2つで6万超えました。は〜。お金ないのに。今月もがんばって働かねば。

 

グレイヘアという選択

グレイヘアという選択

 

 

眼鏡もお金かかるけど、髪のカラーリングもお金かかるし面倒です。40過ぎくらいから白髪が目立つようになり、当初は自然に任せていましたが「童顔なのに不自然。病気の人みたいに見える」と夫から不評で、ずっとヘアマニキュアをしています。しかしもう白髪で良いんじゃなかろうか。50半ばだし。とはいえ真っ白だと綺麗だけど、まだ胡麻塩なんで悩む。それに、ヘルパーをしていた頃、白髪が美しいマダムに「放っておくと黄ばむので定期的に美容院に行ってお手入れしている」と聞きました。綺麗でいるにはやはりお金と手間がかかるのかなあ。

 

最近読んだ絵本あれこれ

朝から中学で本読んできました。これです。

 

ぜつぼうの濁点

ぜつぼうの濁点

 

 

ネタばらしすると、平仮名の国に住んでいる「ぜつぼう」の濁点が「主人が絶望してるのは自分のせいだ」と思って「し」の池に身を投げた結果、「きほう」にくっついて「きぼう」になる話。......表紙の画像みて気がついたけど「ぜつぼう」には濁点二個あるから一個は余るよね。いや、「濁点」としての人格?は何個あっても一個なのか......まあ、そんな細かいことはいいんだよってことかな。(*追記*いや、これで良いのだった。切望になるんだよね、絶望が。肝心なとこで勘違い。)言葉遊びが楽しい絵本です。小学生だと少しわかりづらいかも。

 

 

昨日、小学校で読んだ絵本はこの2冊。3年生に読みました。

 

あなぐまのクリーニングやさん (PHPにこにこえほん)

あなぐまのクリーニングやさん (PHPにこにこえほん)

 

 

だって…

だって…

 

 

 「あなぐまのクリーニング屋さん」は、ここ数年毎年読んでます。(どうってことない絵本)と言うのが私の第一印象だったんですが、いつも子供達の反応がすごく良いです。ちょっと不思議なくらい。「だって」は初めて読みました。おとなしいクラスだったせいか私の読み方が悪かったのかリアクションは今ひとつ。メンバーの一人が「学校編もあるよ」と見せてくれました。私は、シュールな「だって」もいいけれど「だって...学校の巻」の方が小学生に向いてると思いました。

 

だって… 学校の巻

だって… 学校の巻

 

 

 

サークル歴も10年を超えました。昨日は少し時間があったので、蔵書を整理しました。優に1000冊は超えてそう。メンバーが個人的に買って置いている本も多いのですが。一度しっかり整理して、もう少し有効活用できないか考えていこうねと話し合いました。

 

今日、整理した絵本あれこれ。

 

おーい、ふじさん! (クレヴィス写真絵本)

おーい、ふじさん! (クレヴィス写真絵本)

 

 大型の写真絵本。迫力あります。富士山、かっこいい。

 

けんかのきもち (からだとこころのえほん)

けんかのきもち (からだとこころのえほん)

 

 伊藤秀男さんの絵が好きです。

 

 顔にしか見えない。

 

ジャイアント・ジャム・サンド (えほんライブラリー)

ジャイアント・ジャム・サンド (えほんライブラリー)

 

 やたら子供にうける絵本。

 

日本の神話〈第3巻〉やまたのおろち

日本の神話〈第3巻〉やまたのおろち

 

以前は「やまたのおろち」と「いなばのしろうさぎ」を2冊セットで読んだりしてました。時間の都合もあり、最近は「くにのはじまり」を5年生に読んでます。例年すごく集中してくれます。ゲームとかのおかげで神話が身近になったのかなあ。

 

急行「北極号」

急行「北極号」

 

 クリスマス時期の定番絵本でしたが、朝読書の時間が短縮されて、時間が足りず読めなくなりました。残念。

 

トリゴラス (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

トリゴラス (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

ここのとこ読んでません。「はせがわくんきらいや」を読んでるので、他の作者優先ってことで選外になったのかな。男の子の妄想全開で大好き。

 

ブライディさんのシャベル

ブライディさんのシャベル

 

 名もなき人の一代記。地味だけど滋味ある一冊。

 

ゆうたはともだち (ゆうたくんちのいばりいぬ)

ゆうたはともだち (ゆうたくんちのいばりいぬ)

 

 先日、久しぶりに読んでみたら、この絵本を知らない子が結構いて驚きました。考えたら出版されたの30年前だもんなあ。そりゃそうか。

 

つきよ (スピカのおはなしえほん (13))

つきよ (スピカのおはなしえほん (13))

 

 長新太さんの絵本もすっかり読まなくなりました。寂しい。来年は何か一冊候補を探して、読むように提案してみようかな。

 

 

 

 

 

 

もう少しだけやっていこうかな

体調不良が長引いて、どうにも疲れてしまった。良い時と悪い時の波はあるけれど、良い時ですら日常生活を送るのがやっとなレベル。夜寝る時に(このまま目が覚めなかったら楽だなあ)と思う毎日だ。別に不幸ってわけではない。むしろ「特に思い残すこともない」気持ち。だから傍目にはごく普通に機嫌良くのんびり過ごして見えると思う。まあそれも嘘じゃない。

 

今のところ、ぽっくり逝くなんてことは望めそうもない。分からないけど。とすれば、このまま頭痛だの怠さだの絶望感だのと付き合いながら、どれだけやっていけばいいのだろう。

 

子供の頃から、「やりたいことリスト」や「今後の計画」を書き出すのが好きだった。いや好きというのはちょっと違うかな。癖? でも、計画通りにできた試しがなくて(やっぱり自分はクズだ)と凹むことが多かった。これは悪癖に近いんじゃないかと思って、最近はやっていない。というかやるだけの気力も余裕も失っていた。

 

でも、この体調不良のまま、いつ来るか分からない最後まで生きるのはたまらない。もう少しだけ、今よりましな過ごし方を探っていこうかなと思っている。単なる今日の思いつきかもしれないけど。

 

ある試験に取り組んでいた頃、古い友人に「私、昔から努力ってできないんだよね。継続できないの。クズ野郎なんだよ。多分、これからも受からないと思う」と言うと「こつこつやろうとするからできないんだよ。できなくて落ち込んでも何の役にもたたない。中断しても、何事もなかったみたいに淡々とまた再開すればいい。」と言われた。この言葉のおかげで試験に合格できた。

 

人生も同じかなあ。淡々と、でもよりよい方を目指しながら過ごす、か。